記憶喪失になった未来の自分が1から歩ける為の日誌

記憶喪失になった未来の自分宛てへ書く事により見栄や肩肘張らず記録でき、人にも良い気付きになるブログにしたい

コーちゃんの日常(だいたい時系列)

 

 

2018.11.10

f:id:chiikidotcom:20181112142447j:plain

クヌギの木をチップにする

カブトムシ幼虫の餌となるクヌギをスチール193チェンソーでチップに。

毎年これに米ぬかを混ぜて、井戸水で加水し混ぜてたが、今年は米ぬか混ぜずに試験。

理由は米ぬか加えなくてもそれなりに大きく育つようだし、米ぬかを精米所に取りに行く時間と労力削減で。

 

 

 

 

 

2018.11.05

カブトムシ幼虫脱走中!

f:id:chiikidotcom:20181112142511j:plain

f:id:chiikidotcom:20181112142459j:plain

久々にカブトムシハウスを覗いてみたらカブトムシ幼虫がガス抜き穴から脱走しようとしてるじゃあありませんか(゜Д゜;)!

やはり少し穴が大き過ぎたようでチト失敗したねww

こうなったら穴を少し狭める部品を取付けなければならないか…カブトムシ飼育はこんなふうに試行錯誤しながら飼育していく事にも楽しさの醍醐味がある(^-^*)

 

 

 

 2018.11.9

立体看板メンテ終了!

f:id:chiikidotcom:20181113130320j:plain

f:id:chiikidotcom:20181113130327j:plain

木の彫刻で作った立体看板が雨ざらしざらしで劣化が激しくなってたのでメンテを行った。

割れの部分に木屑を埋め合わせても雨と日が当たる環境では木材の為に数年するとまた朽ちるので依頼主様の了解を得て色つきセメントをコーティングする事になり、約3ヶ月間かかってメンテ完成!台風の風でも動かないように土台に長い鉄杭を4本ずつ埋め込みセメントでガッチリ固定したのでビクともしない!

なかなかの出来で満足!セメントなんで今後のメンテは数年に1度チカッと割れた部分にセメント補修すれば良いので半永久的な看板て感じだね!

 

 

 

 

f:id:chiikidotcom:20181008143434j:plain

今年の夏「7月初旬~8月末日」に町の店にカブトムシを出品した様子

今年もカブトムシ達を置いて下さった各お店の方には感謝でいっぱい(^ー^*)!

利益がどうという問題では無くてカブトムシを楽しみに見に来た子供達にふれあえる事がまず1番のやり甲斐で続けれてる理由なんだよね~(●´ω`●)!

それと今の世代はカブトムシクワガタは普通に店で買うものとなってるが…これが自然採集のきっかけに自然の大切さを知って貰えたらいいなーというちょっとした使命感みたいな想いでやってる(^^)

てゆうのは、今のネット社会が急速に進む一方で自然やそこにいる生き物達が軽視されてる傾向にあると思うんだよねー。それらによって自然環境の様々な問題や人間の心身の体調も崩れたりとか出てきてると皆が気付いているけど日々の生活でそこまで気が回せない人が殆どだと理解しながら仕方のない事かなーと思いますが…でもこの悪循環をどこかでストップして現代化社会と自然が上手く共存していける世の中になればいいのになーとか思い、未来をせだう子供達の1人でも多くに自然の大切さを肌で実感して貰うためにカブトムシ飼育と販売という得意分野を活かして米粒の以下の行動かもしれないけど自分なりに少しでも伝えていけたらなーと思っている(*´ー`*)

 

 

 

 

f:id:chiikidotcom:20181007095558j:plain

羽化まで飼育する衣装ケース

外のビニールシートで親指大以上に育った幼虫を衣装ケース「最大サイズ」に約100匹づつ入れます。この画像を見て、ところどころに穴が空いてるよね?その穴はマットを攪拌した後に発生する発酵ガスと発酵熱をこの穴から逃がし幼虫達の死亡から守る為の重要な穴。1番悪いやり方は、穴空きしてないケースに入れたて、又は攪拌(混ぜた)したてのマットを入れた直ぐに幼虫を入れると抜けきれないガスと熱がマット内に充満し幼虫達は苦しくてマットに潜らず表面に上がってきて次々に死んでいき全滅状態になっていきます。

なので穴空き衣装ケースにマットを入れて発酵が収まる約2ヶ月以降に幼虫達を投入するよう気を付けている。

実はこれは検索しても載ってない(私は見た事ないです)多くの飼育業者が企業秘密にしているカブトムシ飼育の重要なポイントなんだ!

 

 

 

f:id:chiikidotcom:20181006104146j:plain

このビニールシートの中には自家製幼虫マットがあり、交尾済みのカブトムシの雌をシートの中に放って卵を産ませ孵化させております(^-^*)

この写真では確認できないが、サンドイッチ状にマットを敷いている。マットの下にシートを敷いていないと幼虫が土の下まで潜って脱走したり、モグラに食べられたりする。

そしてシートの端は幼虫がシートの外に出ないように丸太などを敷いておく事も重要。

 

強風などで上のシートが飛ばされて雨水がたまって溺死しないようにシートを固定させる。(シートを被せてあることにより猪や狸からの天敵予防にもなる)

 

幼虫が親指大以上の大きさになったら(11月初旬頃)プレハブ小屋の衣装ケースに100匹ずつ入れて育てます。何故このような手順なのかの理由は、このままシートのまま飼育したら羽化したときにシートの外に飛んで逃げて行っちゃうということである。

 

何故幼虫が親指大以上にならないと衣装ケースに移さないのかいうと、衣装ケースに空けた穴の大きさにもよるけど、小さい幼虫のまま衣装ケースに入れるとケースに空けたガス抜き穴から幼虫達ががケース外に脱走してしまう事態になってしまうんだよね(^^;)

 

 

 

f:id:chiikidotcom:20181005080347j:plain

プレハブ小屋の中の様子

 1つの衣装ケースの中で約100匹のカブトムシ幼虫を育てております。

ニャンの好物はカブトムシの幼虫!こりゃニャン!幼虫食べるな(;゚д゚)!

 

 

 

f:id:chiikidotcom:20181003195956j:plain

この温室プレハブの中で毎年約1000匹のカブトムシを飼育しており、夏になると町中に販売しております(๑'ᴗ'๑)

 

f:id:chiikidotcom:20181007120915j:plain

伊万里市の海水浴場「イマリンビーチ」での水上ジェットスキー

近くにジェットスキー場あるので行ってみました(^^)!見てたらホント童心に帰って遊んでんでるよな~!いいな~!ジェットスキーいいな~と43のオヤジは子供のように思った(*´ω`*)!

 

 

f:id:chiikidotcom:20181007121743j:plain

イマリンビーチ近くのボート屋さんにて

しつこく水上ジェットスキーいいよな~と思いながら帰っていたところ…

その付近のボート屋さんでチャリティー催しがあってましたんで暇つぶしに覗いてみたところ…何と水上ジェットスキーとボートの無料体験と免許取得催しがあってるじゃあありませんか(゜ロ゜;ノ)ノ!

 

 

f:id:chiikidotcom:20181007122432j:plain

水上ジェットスキー無料体験の様子



 

f:id:chiikidotcom:20181007122716j:plain

スキージェットスキーとボートのライセンス取得を格安で受付けてられました

ライセンス取得思ったより安く、マジいいんじゃね?!いいんじゃね?!と一瞬トキメキましたが、今の現状のお財布(貯蓄)状態と、今年高校受験を控えて今からお金がいる双子息子を思うと…「いや、今は絶対ムリムリ!」

 

 

 

f:id:chiikidotcom:20181007124344j:plain

ライフジャケット着用推進シンボルマークキャラクターの「ウクゾウ君」

ライフジャケットを着用してれば象みたいに重くても沈まないという意味合いのキャラクターウクゾウ君!比喩的な事とは解っていてても、イヤイヤ流石に象に着せては沈むから!もし沈んでも像は潜りが大の得意で長い鼻をシュノーケルのようにして溺れませんから!とかツッコミたくなるところですが(ジェットスキーの夢が潰えて卑屈になってるんだねきっと…( -_-))

何にしてもカワイイキャラクターで癒やされました(^ー^*)!

力士の大露羅関(現在約276kg)でも沈まんのかなー、てゆうか合うサイズが無いやろな……

 

 

 

f:id:chiikidotcom:20181007093326j:plain

伊万里市波多津町の風景

工房の近くからの風景ですが、とにかく山、田んぼ、畑、山、田んぼ、畑…そして海。そこに人も少ないですので殆どみんなが顔見知り!なので歩いていて人に会えば登山者のように普通に挨拶したり話し込んだりします(^-^)

知らない人だったら「どっから来たと?あんたどこんもんかにゃ?」から話しが進みます。それが良いか悪いかは人によって捉え方がいろいろあるので別として…、都心ではなじみが無い地方ならではの風習と言えますね(^-^*)

 

山の展望台からの伊万里市の風景

f:id:chiikidotcom:20181028085332j:plain

山歩きが趣味で時々歩いております。感動景色や物等を撮ったり、ケモノ道を歩いて冒険したりして楽しんでいます。山歩きってていいですよ~(○´∀`○)!

心や体の調子が悪かったら1発でこーちゃんは良くなります!

特に腰痛なんかは酷くても山歩きした後はマジにダッシュで走れるようになりますので皆さんにも山歩きお勧めです(ゝω・)!約20年のウオーカーであるこーちゃんから言わせると、平坦な整備された道路よりガタゴトした山道を歩いた方が全身の筋肉を色んな方向にストレッチ出来ながら緊張もほぐし、同事にインナーマッスルも鍛えれるし良い事にずくめの運動なのだ(๑'ᴗ'๑)!

 

 2018.9.30

f:id:chiikidotcom:20181009124458j:plain

ペットで飼ってる外来種ミドリガメミシシッピアカミミガメ

今回はこーちゃんが飼ってる外来種ミドリガメの紹介\(^^ )!
みんなで4匹なんですが、4年前に伊万里市の花屋さんから1匹500円くらいで購入しまして、その時は4センチくらいのメッチャ小さかったのですが…、4年の歳月でどんどん大きくなり今では7㎝くらいになってる!

 

 

 

 

f:id:chiikidotcom:20181008121054j:plain

現在作業中の立体看板メンテナンス

約4何前くらいにある福祉施設のチェーンソーアートで立体看板を請け負い作成したものが劣化した為にこの度メンテナンス依頼されまして作業しています(^^)

木の看板は風情があり暖かみがあるんですがなんせ木で作ってある為に防腐剤やニス塗布してあっても日ざらしの環境下ではどうしても劣化していくんだよね…(^_^;)

メンテナンス修復作業内容は木くずで修復しても日ざらしの環境では2~3年しかもたない為に依頼者様の了承を頂きセメントでコーティング!

数年前から市場に出回っている固まる真砂土を初の試みで使用し、試行錯誤ですがどんな仕上がり具合になるか楽しみです!

かまってちゃんのニャンは安全とセメントまみれにならない為にコンテナの中に入って貰ってる(ΦωΦ)W

 

 

 

f:id:chiikidotcom:20181008125214j:plain

約4年前に作成したばかりのチェーンソー立体看板

出来たての頃はこんなにツルツルピカピカだったのですが…

f:id:chiikidotcom:20181008130103j:plain

地面が土で雨と日ざらしで約4何の歳月でかなり劣化…(^_^;



f:id:chiikidotcom:20181008130606j:plain

こんな感じでセメントでコーティングしてます

デッキルカナデッキルカナハテハテフフ~♪♪…てか請け負ったからにはちゃんと出来なければヤバイよヤバイよアパパパパパ……(;゚д゚)

 

 

f:id:chiikidotcom:20181008131359j:plain

作業中安全の為に閉じ込められてるニャン

早くここから出してくれニャー(ΦωΦ)(怒)!!といわんばかりの鳴き声とわずかばかりの穴から手を伸ばしてどうにかしようとするニャン。仕方無いんだよねー、だって作業中にかまってちゃんしてきてセメントまみれになっちゃうんだから暫くのガマンだよ~^_^;!

 

 

 

f:id:chiikidotcom:20181006194956j:plain

工房で作成した伊万里ケーブルテレビキャラクターのアイアイ君です。はい。サルです!

伊万里ケーブルテレビさんより依頼されて作りましたチェーンソーアートのアイアイ君!似てるかどうかは別として我ながら自信作です。現在も伊万里ケーブルさんの玄関に飾ってあり散歩に来た団体の園児ちゃん達を喜ばせているようです。それにしてもかなり重く300Kgくらいはあって大人数人でも凄く難儀しました(笑)材質はクスノキでチェーンソーで彫ってる作業中に木の中からネズミがワンサカ出てきてアワワワワ……(;゚д゚)



f:id:chiikidotcom:20181008115309j:plain

アイアイ君作成工程

大きなクスノキをチェーンソーのみで彫り、バーナーであぶり完成です!ニスは塗ってないので年月がたつにつれ割れていかないか心配ですが…、それもまた自然の良さで風情が出てくると感じています(^^)

 

 

 

f:id:chiikidotcom:20181006111643j:plain

ニャンが住み着いている工房敷地内の休憩小屋です

工房内ではカブトムシ飼育、木工工作等を時間がある時にニャンに邪魔されながらやっております(^ー^*)

 



f:id:chiikidotcom:20181004202621j:plain

最近寒くなってきましたのでニャンも寒いだろうなー、風邪ひかないかなーとか心配で朝の2時からネコハウスを作成!

厚さ5センチの断熱材のハウスです。ニャンも気に入って貰えてのか尻尾フリフリして喜んでいる様子です(ΦωΦ)

 

 

 

f:id:chiikidotcom:20181004070242j:plain

今回は1匹の家族を紹介します。2ヶ月くらい前から工房に住み着いている子猫なのですがー、凄くなついてしまっており可愛いものです(^ー^*)

名前はニャンといいます。雌猫です。工房にの敷地内ならどこにでも付いてきては、かまってちゃんするカワイイやつです(^-^*)

ニャンと出会ったのも何かの縁だから仲良くしようね~といつも話しかけています(*´ー`*)

 

 

2018年の7月初旬~8月中旬に近くの直売所に出品している様子

f:id:chiikidotcom:20181117110715j:plain